宴会の料理と普通の料理の相違について

年末年始や春の人事異動、大きな仕事が無事に終わった後などの区切りの時期に、同僚や仲間、親族が集まってお酒の出る食事をとる機会があります。


宴会です。


お酒や料理を前に1年の無事を喜び、あるいは仕事の区切りをつけ、今日までの苦労を慰労し、明日から新しい気持ちで頑張って行こうという集まりは、とても楽しい物です。

人の笑顔とお酒が注目される宴会の席ではありますが、料理がつまらなくてはその楽しみに水を差すことにもなりかねません。

会場の手配の外に、幹事さんが悩むと言われる宴会の料理について書いてみたいと思います。

宴会の料理は普通、お酒に合う料理と言う事になります。


寿司を除けば、ご飯ものは最後の方に出すと考えます。


米飯が出る普通の食事は、ご飯とおかずが同時に出てきますが、宴会などのお酒がメインのパーティーでは、このタイミングでは出しません。

また、居酒屋さんのように付きだしから始めるというのも一般的ではありません。

最初に華やかでいろどりの綺麗な料理をテーブルに沢山並べる事で、場の雰囲気を明るくします。

お酒が入る前から気分が高揚するような配色として、明るい色の料理が良いでしょう。


ここで注意すべき事があります。


参加者にお酒を飲めない人が居るかどうかです。飲み物としては、ジュースやウーロン茶など出して乾杯に参加してもらう事になりますが、その後の料理が酒のつまみ系ばかりでは、とても楽しめません。

大勢の酔っ払いの中で一人冷めているのは、辛いものです。


刺身の船盛りなどの外に、寿司など少しあればこういう人にも楽しんでもらえますし、お店での宴会なら、飲めない人用にご飯やオムスビを出してもらうというのも一つの手です。

揚げ物メインのオードブルは、宴席が安っぽく見えます。
焼き鳥、あるいは鍋がメインの料理にしても、彩りを重視します。鍋なら、材料の肉や野菜をテーブルの端に置く事で、テーブルが華やかになりますし、焼き鳥でもサラダなど置く事で見た目を明るくします。
酒席の料理であっても、普通の食事と同じで野菜や肉のバランスは重要です。

普通の食事との違いと言えば、料理の最初からお酒が出る事位でしょう。

これが料理の出る順序を変える原因になります。

大皿に盛って沢山あるように見せるのも場を盛り上げます。
普通は予算による制約がありますので、贅沢は出来ませんが、彩りを考えることで華やかなテーブルを作る事は可能です。


高齢者の給食に関する予備知識が満載です。

盆菓子関する情報選びといえばこちらのサイトです。

豊田のレストランの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

宴会を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

新宿にある個室居酒屋に関する情報が満載のサイトです。